『サガフロ』プレイ日記5

こんちゃ〔´・ω・〕

あらすじ
ロボの煽りによってヴァジュイール様は激おこぷんぷん丸。
不思議な力でロボたちを「自然洞窟」という場所に飛ばしてしまいました。
初めてやってくるダンジョンに戸惑いはしましたが、メカも人間も関係なく回復できる「生命の雨」の吸収に成功したり、こりゃまた便利な防具「力帯」をドロップしたりと、結果的にいい合宿になりました^p^
無事に洞窟から脱出に成功したロボたちですがそろそろ本編に戻りたいと思います。


・マンハッタン

レ「HQに行くかい?」


博士の問いかけにYESと答えるロボ。


レ「レオナルドだけど、シップをチャーターしたいんだ。」


死んだはずの人間がメカになって現れた。
しかし職員さんは


職員「レオナルド様?あなたが?」


と驚く様子もなく受け答えします。
きっとこういう事態に備えて訓練されているんですね。


レ「そうだよ。確認してごらん?」


職「・・・・ご本人ですか・・・・どちらまで?」


・・・・一体何処に何をどう確認したらこのメカがレオナルド本人だわかったんでしょうね?
というわけで、突っ込みどころが多いやり取りでしたが無事にシップのチャーターに成功ました。
ロボたちはタルタロスで入手したドライブデータを使い最高司令部「HQ」に向かいます。



・HQ

レ「すごい基地だね。
トリニティが最高機密にしているだけの事はあるね。」


ゲ「さて、すんなり通してくれるかな?」


というわけでやってきました最高司令部。
もう後戻りはできなくなってしまいますが、入り口にいる職員さんに話しかけると一休み(回復)ができます。
とはいっても、敵はそんなにおらず、宝箱がある部屋にメカシンボルが2体いる程度。
こちらもメカユニットで「多段斬り」などでダメージを与えつつ、倒した敵からエネルギーを吸い取ってWPを回復すれば楽に進めます。
適当に進んでいると制御室らしき場所でイベントが発生。


ロ「機能停止状態です。
進入したウイルスによるシステムの崩壊を防ぐために、システム自身が部分停止しウイルスを食い止めています。
これから、システム内部へダイブしウイルスを除去し、機能を回復させます。皆さんはここに残ってください。」


うぉお~い!?〔;´・ω・〕
まさかこれからロボ一人旅になるのかぁ!?\(^o^)/
なんて思ったら


ゲ「オレには、その、ダイブっていうヤツはできないのか?」


レ「可能さ。ボクがその見本だよ。」


おぉ・・・・付いてきてくれるんですね〔*´ω`〕


レ「しかし、行った先で何かあれば、自分の体には帰れなくなる。」


ゲ「ここまで来て、お前だけを行かすわけには行かないさ。
ガキんちょどもとの約束もあるからな。
どこへでも飛び込んでやろうじゃないか。」


酔っ払いの株がぐんぐん上昇してます。
これでサブキャラなんだからなぁ・・・・ぶっちゃけゲンさんのメインシナリオがあってもいいんじゃないかと思う。


ロ「作業終了しました。」


と出てすぐに出発かと思いきや行くか行かないかの選択肢がでてきますが、これにはちょっと安心しちゃいました〔;´ω`〕
とりあえず取りこぼした宝箱の回収をしたいので行かないを選択。
せっかくなんで金髪美女のエミリアさん(以下ミニスカ)も少し強化するためにメンバーへ。
全部屋周ったところでダイブを開始します。


ゲ「なんだ、普通の所じゃないか。」


ロ「インターフェイスは有機体に適合しています。
このHQには人間やモンスターもいたようです。」


ダイブした場所は普通の町のようですが、ところどころプログラムが破壊されていてボロボロになってます。
町に虫型のシルエットがいたので話掛けようとしましたが・・・・敵でした\(^o^)/
敵はウイルスが3~5体。
ある程度育ったミニスカの「全体射撃」で一掃しながら進みます。
ウイルスは見た目が強そうですが実はたいした事ないという〔;´ω`〕
戦闘に勝つとウイルスが周辺のプログラムが修復されていくみたいです。

ある程度進むとウイルスの群れに襲われますが真ん中にピンクの物体もいます。
どうやらこの物体がHQのメインフレームだそうです。
この戦闘だけロボに特殊コマンド「コンタクト」が追加されていました。
その時冴えていたぴろりの勘が

「ピンクの物体にコンタクトすればいいわけだ?」

と・・・。
はい、だれでもわかりますよね。
かっこつけてみたかっただけですすいません・・・。

増殖するウイルスを蹴散らしながら無事にコンタクト成功、それによってウイルスが一掃されプログラムが修復されました。

次にぴろりはデータが破損していて先に進めなかった場所へ向かいます。
だってほら・・・そういう場所にいいものがあったりするではないか〔^ω^〕

するとその先でまたルール説明もなくミニゲームが始まります。

「この先にお宝が・・・・」

と頑張るぴろり。
ルール説明はなくとも一筆書きや色あわせというのはなんとなく理解できたので無事クリア!!
しかししかし


レ「システム中枢だ。
ついに秘密が明かされる時が来たぞ。」


・・・・どうやらこれは正規ルートだったようです。
お宝なんてなかった・・・〔#^ω^〕


話は進み、ロボの失っていた記憶も戻りますが・・・・


メインCP「このHQの機能回復でRB3型の活動を再開します。」


おいちょっと待ってくれや。
RB3型といえばロボの破壊対象だったはず。
そしてダイブから生還したロボ達ですが・・・。


ロ「出撃します。」


と一人でどこかへ向かうロボ。


ゲ「おい、待てよ!RB3型って何なんだ!」


その問いかけに記憶を取り戻したロボの説明が始まります。


ロ「RBタイプはリージョン破壊兵器です。
1,2型は通常の方法で破壊できましたが、3型は全く異なる構造をしており、その破壊のために私のタイプT260が作られました。」


ゲ「リージョン破壊兵器!?」


ロ「リージョン破壊砲による攻撃を受けると、リージョンは圧壊し混沌に飲み込まれ消滅します。
3型は進路上のリージョンを無差別に破壊していきます。」


ゲ「なんてこったい・・・・。」


ロ「このHQの活動再開を探知して進行してくるものと予想されます。」


ゲ「それじゃ、ここをぶっ壊しちまおうぜ!」


ロ「私の任務はRB3型の破壊です。」


ゲ「仕方ねえな。
まったく、大事になっちまったぜ。
敵はどんなヤツなんだ?」


ロ「形態は遭遇するまでわかりません。
ただし、シップとしてのドライブ能力を持っているのは間違いありません。
こちらも接近のためにシップが必要です。」


ゲ「接近してどうする?」


ロ「RB3型の中枢に侵入して破壊します。」


ゲ「簡単に言うぜ。」


そしてロボたちはHQからマンハッタンへ帰還ます。



う~む。
ロボの失っていた記憶が修復されたことで話がどんどん進みますねぇ〔*´ω`〕
そしてHQで入手した新しいボディタイプ「オメガ」・・・・・V-MAXとかどこのレイズナー。

次はいよいよRB3型との決戦ですね〔´・ω・〕
ボコボコにしてやんよ^p^

2014.03.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いろいろ

コメント

T260G編もとうとうラストの一番面白い所だね。

この「プログラムへのダイブ」の所が、昔観たマトリックスの映画を彷彿とさせる…(^_^)

後、昨日の日記のコメントで言いそびれたけど、キャラクターに依っては「閃き」や「習得」し易い武器や体術、魔法の種類とかが一応有るみたい。ゲンさんは剣の閃き率が高いキャラクターとかね。

ラスボスは強烈な全体攻撃して来るから、戦闘中回復の準備はしっかりね~b+

2014/03/26 (水) 21:22:01 | URL | 月読 #- [ 編集 ]

No title

いらっしゃい〔´・ω・〕

閃き易さはあるみたいだけどロマサガみたいな「いくら頑張ってもコイツには絶対に閃けない」はないんだよね?
酔っ払いも必要な格闘技全て閃いたし、後衛側だった太ももだって銃技も必要な剣技も閃いたし。
回復に関しては済王とクーンががマジカルヒールやら生命の雨もってるしなんとかなるんじゃないかな

2014/03/28 (金) 19:24:01 | URL | ぴろり #rkd4Vjqo [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

ぴろり

Author:ぴろり
いらっしゃいませ〔´・ω・〕
ここのブログではトレーディングカードゲーム「カードファイト!ヴァンガード」のネタをメインに、開封結果や身内とファイトした感想などを書いていきます。

生息地
・大阪府

好物
・萩谷薫さんがデザインするカード

所持デッキ
・ロイヤルパラディン
「宝石騎士」

・エンジェルフェザー
「守護天使」

・ノヴァグラップラー
「バトラー」

マイブーム
・すみっコぐらし
・金魚の飼育


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる